UNIXという考え方

reading

Mike Gancarz

スモール・イズ・ビューティフル

  • 目的は最小限のものに抑える

    • それを組み合わせる
  • 気づいたら、色々なことに注意をして、巨大のプログラムをつくってしまっている。
  • 巨大で複雑なプログラムは「将来が予測可能で、そして現在とそうおおきかわらない」と思ってる。

    • 小さなプログラムの開発者は未来の予測などは最初から諦めてる

一つのプログラムには一つのことをうまくやらせる

  • ユーザーの対話は本当に必要なのか?
  • 他のプログラムで似たような機能を持ったものはないのか

3

ソフトウェア開発には終わりはない。あるのはリリースだけだ。

誰もが常に学び続けている。すべてを知り尽くしたと勝手に思い込んでいても、誰かが我々への要求仕様を変えてしまうのだ。

できるだけ早く試作を作成する

2019 © Kazushi Kawamura.