神・時間術

2020-09-17 読了

樺沢紫苑

仕事量 = 時間 x 集中力 (仕事効率)

「脳のゴールデンタイム」

起きてから、2 − 3時間が脳のゴールデンタイムで、脳のパフォーマンスが一日の中で一番一番高い。 この本では、この時間の重要性を強調してる。

論理的な作業、文章執事、語学の学習、高い集中力の要することは、この時間にやることをおすすめする。

その他にも休憩した直後, 終業間際の時間帯, 締め切りの前日 などが、集中力が高い時間帯である。

運動

著者は週4〜5回の運動を習慣にしている。1回 60~90 分の有酸素運動。

これをやることで、頭も身体もリセットされて、朝起きたときと同じぐらいスッキリとして状態になる。

現状は有酸素運動はまったくしてないので、少しでも習慣にできればなと思った。

集中力

一旦糸がきれた、集中力は元に戻るのに15 分かかる

集中力を切れないように、工夫するべき。

  • 物による雑念

    • 机はきれいにしておく
    • パソコン内も
    • 見つけたいものはすぐ見つけれる状態を保つ
  • 思考による雑念

    • 気になることはすぐ紙とかに書いておく
    • 書いたら、忘れる
  • 人による雑念

    • 集中したいときは、人から離れる

火事場の馬鹿力

「初頭努力」「終末努力」の2つがもっとも効率が高い状態。つまり、締切を作ると、2回集中力の高い状態が現れる。

朝活

  • 朝シャワーを浴びて、交感神経にスイッチ
  • カーテンを開けて寝る
  • 朝日を浴びて、セロトニンをあげる
  • 眠い時には1分ほど目を開ける
  • リズム運動・散歩
  • 朝テレビを見るのは絶対だめ。せっかくスッキリした、頭に情報で汚染される。

自己投資

自由時間をどのようにして使うのか。

  • 受動的娯楽

    • テレビ
    • ゲーム
  • 能動的娯楽

    • スポーツ
    • 楽器
    • 読書

能動的娯楽をやるべき。

その他

毎日同じ時間に眠って同じ時間に起きて同じ日課をこなすことが、最も脳のパフォーマンスを上げるのです。

「いつまで」ではなく「いつやるか」

60 分考えるのとで、同じ結論が出るのであれば、30 秒考えれば十分といえるでしょう。長く考えたからといって、よりよい判断ができるとはかぎらないのです。

遊びの「ToDoリスト」を書く

2019 © Kazushi Kawamura.